読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北摂ロマネスク

エイト、音楽、こっそり日常。

降りる降りる詐欺罪と夏【リサイタルによせて】

関ジャニ∞ 自分用備忘録

お久しぶりです。とりあえず何よりも先にこれだけは言わせてくれ。

関ジャニ∞から降りられない。降りない。

やっぱり好きだ。本当にありがとうございました。

 

思えば降りるための階段をのぼりはじめてたんですよ、去年の春、リサイタルが発表されてから。キャンジャニ+元気アルバム+ツアーでその頂点は一瞬見えなくなったのに、インレコのプロモーションやレコメンやヒルナンデスやツアーDVDで急にまた見えてきて。更に歩みを進めるブーストが二年目のリサイタル発表でかかってしまった。

 

またやるのか。会場格差がある中でのお近づきって何なんだ。ファンサのためのトロッコが通らない会場でやる意味は。地元を優遇しないいつも通りのチケット販売をしておいて、毎回会場で地元の人間が少ないと驚くメンバー。何がしたい。何回ジャニーズメドレーを焼き直しすれば気が済むんだ。バラエティならTVで見せてくれ。本来の意味の「リサイタル」をやってくれ。

 

MC等、レポで上がってくるリサイタルの現場で発せられるメンバーからの言葉も好きではなかった。何故だかはわからない、私が元々「アンチリサイタル」だからか、その気持ちがそう受け取るよう操作していたのかもしれない。なんでそんなこと言うんだろう、なんでそんなことするんだろうと、楽しかったというレポにちょくちょく紛れているそれらに疲れてもいた。だからいつの間にか感想を能動的に拾うこともしなくなっていった。

そんな中、ふと流れてきた今回の和歌山公演での自担の振る舞いが本当に本当に許せなくて、今度こそ真剣にもうダメだなと思った。以下憤る当日のツイート。

 

 

・スタンドが切れたあと(アリーナに向かず)壁に向かって手を振り続けているだとかトロッコで仏頂面したままファンサも何もしないだとかが通常運転になってる村上くんに対して

・また、「ふざけてるのか本気なのかは不明だが会場全体が彼の態度一つでお通夜状態になった和歌山2日目2部のあらゆるレポ」に対して

 

そもそもそういう、ドームみたいな大きな規模では届かないところに手を伸ばしたいからアリーナ、なツアーなんじゃないの?よっぽどドームのほうが隅から隅まで幸せにしてる気がするけど。だからリサイタルの存在意義って何なの?っていう疑問が湧いてくる。

2部に入られてた他担さんには大変申し訳ない気持ちだったし、大体普段「自担以外」のことにヤイヤイ言いがちな同担さん方まで苦言を呈されていたことが、すべてを物語っているなと思った。

 

実はもうこのとき、というかリサイタル当落発表の6月末。友人から「新潟オーラスが当たったんですけどどうですか」と声をかけてもらっていた。今回私が全公演落選したのは名古屋・和歌山・徳島。名古屋以東は個人的には眼中にはなくて、一瞬物凄く迷った。でもこの6月の時点で私は既に降りることを視野に入れていたし、どうせやっぱりダメだったとケリをつけるのにこんなおあつらえ向きな現場はないと思って、お誘いを有り難く受けることにした。足の手配もして、新潟と大阪ってなんでこんなに陸路不便なのと交通費に悩みながら、それでも、お膳立ての必要経費だと思った。何より、見守っていてくれるだろう友人と入れることが重要だった。

 

8月、9月。がっかりと悶々を繰り返しながら、新譜リリース情報にも落胆させられながら(※表題曲ではなくc/w)平日に夏休みを取るために苛烈に仕事をこなして、いよいよ9月28日、2部。本当のオーラス。テンションは低いがおいしいご飯を目的にしようと事前に決めていたので、公演内容がどうなろうが大丈夫だと心構えもして。

 

結果、私は降りなかった。降りられなかった。ひどい彼氏たちだと思った。席が良かったのも、一人ではなかったのも、その現場が私が嫌っていたリサイタルだったのも、私が「おあつらえ向きだ」と思った通り、全ての条件が調っていたのだろうと思う。

それでも、私は罪と夏で関ジャニ∞渋谷すばるの歌声を聴いて、心の底から好きだ!!と思った。またこの現場に戻ってきたいと思った。戻ってこなくてどうする、と掻き立てるものがあった。そうだ、私は関ジャニ∞に、音楽から入ったんだった。顔やスタイルやダンスやファンサービスより何より先に、音楽だったのだ。

渋谷さんの右ストレートの後はなんだかもうすごく楽しくて、トロッコが後ろに行ってしまって見えないなあ、声しか聴けないなあとか、ヤスダーランド話には聞いてたけどぶっ飛んでるなあとか、熱中症でのまた本気なのかふざけてるのかわからない村上くんの謎行動を隠してくれた横山さん本当にありがとうとか、ギターを弾く安田くんはやっぱりめっちゃかっこよかったなあとか、本当に思うことはたくさんあったのだけど、純粋に来れて良かったと思った。

行きがけ、伊丹へ向かうモノレールで立っていた私と、終演後、朱鷺メッセから新潟駅に向かうバスに友人と並んで立っていた私は、果たして別人であった。降りれないな!と苦笑しあえる幸福感に満たされていた。1部で発表されていた冬ツアーの内容について、希望や予想をぐだぐだ話せる状態になっていた。

いやもうほんと毎度毎度騒いですみません。でも誰のためにファンしてるかって自分のためだし自分がしたいからだから、やめたいわけじゃないし、でもだからこそ物申したいことも出てくるし…これはもう仕方ないんだろう。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/luckymoon0126/20161003/20161003004618.jpg?1475423320

ホテル日航新潟にあるジェラテリア オクサリス。

eighter向けにメンバーカラーのジェラートを用意して歓迎してくださったの、とっても嬉しかったし美味しかったです。私も私の前のお姉さんも三馬鹿注文だったw

 

夜にいただいた新潟ごはんも本当に最高でした。おいしすぎて夜行バス乗り遅れそうになったくらい最高でした(笑)ごはんもだけど、朱鷺メッセは忘れられない思い出の地になったのでまた行きたいです。新潟に感謝!

当日、忙しい合間に会うお時間を作って頂いたフォロワーさんにも感謝!ありがとうございました、本当にお会いできて嬉しかったです。

現場に誘ってくれて、それを一緒に乗り越えてくれて(笑)、おいしいごはんを一緒に食べてくれた友人にも感謝~!次の現場楽しみにしています!